© 2017 HANA DESIGN ROOM

Design
Planning   for  ceremony & project
Direction   

 

・伝統産業・伝統工芸の産地や作り手と取り組むproject

 企画・デザイン・制作

繭の茶会 -めぐり- 京都編 

『繭の茶室』の茶会


|concept|
蚕は、メビウスの輪のように円運動を繰り返しながら

⽷を張り巡らせ繭を形成していきます。

途切れることのない⽷は、⻑さ約1,500mとも⾔われ

⾃らを守る尊い空間です。


希少な国産絹⽷を⽤いた織物で構成する「繭の茶室」は、

繭の構造から構想を得て、⽵の躯体に極薄の⼆重織「川俣シルク」を

張り巡らせて制作した茶室空間です。


また、茶⼈が着⽤する⾐装には、

古法の藍染めと⾙紫で染めた⽷で織った

シルクオーガンジーと掛け合わせ製作しました。
透明感のある柔らかな円形の空間に包まれ,

⼀服のお茶をいただきながら
過去・現代・未来へと脈々と続く絹⽂化と⼈々の営み、

そして⾃然界に思いをめぐらせる場となりますように。

 

茶会と茶室:企画・ディレクション
茶室と衣裳:デザイン・制作

躯体設計|大橋史人

織|有限会社紺野機業場

染|綾の手紬織工房

糸|碓氷製糸

撮影|宮下直樹

場所|有斐斎 弘道館
日時|2019年1月19日    KYOTO, JAPAN|2019.12

exhibition

"press room" exhibition

Installation まゆとき-mayutoki-

原風景を内包するテキスタイル

新たに出会った場所や土地で 懐かしさや落ち着く心境をおぼえることがある。

風景・色・光・音 時と共にずっと変わらずそこにあるもの。

境を超えて人と人が繋がれる共有感覚。

人を包む空間である衣。 さらに外側の空間である環境。

昨年、実際に訪れて撮影した異国と日本の風景写真を重ね

時と空間と人が共生しあう関係性を 原風景の像としてつなぎます

 

場所| ABS Kyoto

日時|2017年4月1日    KYOTO, JAPAN|2017.4.1

​主催|SHIBAURA HOUSE, ABS Kyoto

繭の茶室